【レビュー】Butterflyの『フェイントOX』は攻守のバランスに優れたラバー

フェイントは、1974年から販売されているバタフライのロングセラー商品の粒高ラバーです。

つぶまる

今からン十年前の中学生時代、初めて貼った粒高ラバーがフェイントソフト(薄)でした

ある意味私の粒高の原点とも言えるラバー(ただしソフト)。ここではスポンジのないOXを紹介します。

ロングセラーにはロングセラーの理由があります。

  • 低価格で
  • そこそこ変化があって
  • そこそこ攻撃もできて
  • コントロールしやすい

コスパの良い粒高ラバーで性能のバランスが良いので、粒高初心者にも最初の粒高ラバーとしておすすめできるラバーの一つです。

\最大10%ポイントアップセール!/
Amazon
この記事を書いた人

卓球が趣味のアラフィフおばさん
公認審判員
とある地方卓球協会の役員

卓球はあまりうまくはないけど用具の研究は好き

女性目線でレビューするよ
目次

フェイント OXの商品概要

メーカー公表値

スピード4.5
スピン3.5
赤、黒

性能のバランスが良いツブ高一枚ラバー(スポンジのないツブ高ラバー)です。攻撃的なプレーでも守備的なプレーでも、高いツブ高効果を発揮することが可能です。

バタフライ公式サイト
\最大10%ポイントアップセール!/
Amazon

粒の形状は円柱形で、表面に網目があるタイプです。

フェイントOXを独自指標で検査

フェイントOXの重さ24g(離型紙約2g込)

メーカー公表値は、メーカー独自の方法で検査したものであるためメーカーごとに基準が異なり、同じ値でもメーカーが異なれば硬さが違うということが多々あります。

メーカー関係なく評価できる方法はなにかないかと考え、実験的に試してみました。

ラバーの摩擦力

フェイントの摩擦力「25」

割れた卓球ボールの半球に重りを50g入れ、動き始める時の力をバネばかりで測定しました。

測定してみたところ、動き始めたのは25gのときでした。

つぶまる

粒高ラバーに対して意味があるのかどうか分かりませんが、やってみました。

フェイントOXをさまざまなラケットに貼って打ってみた

裏面に粘着剤がついているタイプ。離型紙がついています。

裏面に粘着剤が塗られているタイプなので、離型紙を剥がしながらラケットに貼り付けました。

さまざまなラケットにフェイントOXを貼り、カルフレックスのピンポンマシンを使って打ってみました。

打った条件は下記のとおりです。

  • ブロックは「High」だが、それ以外は「Middle」のスピードモード
  • ブロックとミート打ちは上回転で、プッシュは下回転モード

「ブロック」はほぼ当てるだけのブロックで、「カットブロック」は下に振り下ろしています。

\最大10%ポイントアップセール!/
Amazon

ニッタクの剛力ラケット

ブロック

ふわっとやや浮いてしまう返球になりました。もう少し練習すればふわっとならずに抑え込めるのかもしれません。球質はナックルになっています。

カットブロック

軽く下に振り下ろしていただけですが、ボールが回転の影響で台上に転がってくることから、下回転がしっかりかかっていることがわかります。

安定していて扱いやすい上に、粒高らしい変化がそこそこつけられるラバーです。

プッシュ

ややふわっと上がってしまうような返球になりました。直線的な返球は、カールP3Vファントム007に比べると困難です。

ミート打ち

VICTASのP3Vに比べると、不安定さを感じます。打つとき、少し横回転をかけるような感じで打つと、安定して入るようになりました(ボールはもちろんナックルではなく横微回転がかかっています)。

\最大10%ポイントアップセール!/
Amazon

フェイントOXのまとめ

フェイントOXの使用感

つぶまる

評価はすべて私の主観で、私の卓球技術に依存します。変化もあってコントロールしやすく、そしてなんと言っても2,000円未満の低価格は魅力

フェイントOXの全体的評価

剛力
ブロック4
カットブロック4
プッシュ4
ミート打ち3
ラケット購入 楽天
Amazon
Yahoo

フェイントOXはこんな人におすすめ

  • 粒高初心者でも、粒高の変化を楽しみたい
  • ナックルボールと変化のあるボールを自分でコントロールしたい
  • 変化も攻撃も、バランスの良いラバーが良い
  • できるだけ安いラバーがほしい

粒高初心者向けとされるラバーは変化の小さいものが多いですが、フェイントは粒高らしい変化がそこそこあります。

当てるだけではナックルになりますが、インパクトのあるカットブロックなら変化のある返球も可能。

そして何と言っても、2,000円前後で購入できる価格は最大の魅力。

扱いやすくてコスパの良い粒高ラバーが欲しいやつは、これを買え!

\最大10%ポイントアップセール!/
Amazon

フェイントOXがおすすめじゃなない人

  • ブチギレに変化したボールを返球したい
  • 粒高でもバシバシ攻撃したい

バランスが良いといえば聞こえは良いのですが、悪く言えばこれといった特徴がないということ。

変化重視、粒高ラバーでも攻撃重視の人にとっては、物足りなくかんじてしまうことでしょう。

カットマンやペン粒選手には、粒形状の高いフェイントロングをおすすめします

自分でラバーを貼ってみよう。意外と簡単だよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次