Amazon primeでTリーグを観戦しよう Tリーグを配信でみる

何卓佳(He Zhuojia・ホー ジュオジア)選手―福原愛選手の元コピー選手

カタカナでの名前表記が、「ヘ」、「ホー」、「フー」といろいろと表記が変わっていることもありますので、注意。ここでは「ホー」としました。

笑顔がとても可愛らしい中国の何卓佳(He Zhuojia・ホー ジュオジア)選手は、福原愛選手の2代目コピー選手をでした。

何卓佳選手ってとても強い選手なのに、そんな選手をコピー選手に仕立てちゃうんだ!

つぶまる

それなりに実力のある選手でないと、コピーは務まらないからね。コピーになることで学ぶことも多いから、悪いことではないと思うよ。

ちなみに、福原愛選手の初代コピー選手はワンシュアン選手。

何卓佳選手はバックに粒高ラバーを貼ってプレーする異質攻守型になりますが、異質攻撃型といったの方がふさわしいくらい攻撃力のある選手です。

ノジマTリーグ2023‐2024シーズンでは木下アビエル神奈川に所属しており、間近でそのプレーを見られるチャンスです。

本記事では、何卓佳選手の実績やそのプレー、使用用具について紹介します。

この記事を書いた人

卓球が趣味のアラフィフおばさん
公認審判員
とある地方卓球協会の役員

卓球はあまりうまくはないけど用具の研究は好き

女性目線で紹介するよ
目次

何卓佳選手の実績

世界ランキング

部門ランキング部門最高ランキング取得時期
シニア2024年第6週42シニア2019年12月13
女子ダブルス2024年第6週4821歳以下2015年8月18
混合ダブルス2024年第6週43ジュニア2015年8月8
カデット2013年2月1

主な戦績

開催年大会名順位
2012アジア選手権ジュニア大会優勝
2014ワールドツアー・アルゼンチンオープン優勝
2014ワールドツアー・ブラジルオープン3位
2015ワールドツアー・平壌オープン準優勝
2017世界選手権ジュニア大会3位
2018ワールドツアー・オーストリアオープン3位
2018ワールドツアー・オーストラリアオープン3位
2018ワールドツアー・香港オープン3位
2018ワールドツアー・グランドファイナル準優勝
2019ワールドツアー・ブルガリアオープン準優勝
2019チャレンジオープン・ポーランド優勝
2022WTTフィーダー・ブダペスト優勝
2023WTTフィーダー・ドーハ優勝
2023WTTフィーダー・パナギュリシテ優勝
2023

2019年チャレンジオープン・ポーランド大会

決勝戦は、中国人同士の対決。

対戦相手の陳熠選手の体は随分と細いのね。

つぶまる

まだ若干15歳だからね。次代を担う人材だよ。

ちなみにこのときの何卓佳選手は21歳。

陳熠選手が打っても打っても何卓佳選手はブロックして打ち返してしまいます。その粘り強さとブロック技術の高さには、目を見張ります。

2018年チャレンジオープン・オーストラリア大会

あの大魔王こと伊藤美誠選手を、粒高の変化で振り回しています。

粒高らしい打球もありますが、その一方で粒高面で逆チキータしたり、ドライブしたり、カットしたり…。

粒高ラバーでそんなことできるの!

自分も見習って練習して、バックを振れるようになりたいものです。

しかも守備型らしい粘りというか、タフさもあり、粒高面で打ったときのミスの少なさも見習いたいところです。

伊藤美誠選手が、何卓佳選手が粒高ラバーでツッツキをしたりドライブをかけていたりしているのをみて、

伊藤美誠選手

粒高ラバーでできるんだったら、表ラバーならなおのこと回転をかけられるかも!

と考え、猛練習の末、伊藤美誠選手は表ソフトラバーでの強烈なドライブをマスターしました。

つまり、

何卓佳選手は、伊藤美誠選手の今のプレースタイルに影響を与えた選手

といっても過言ではない選手といえます。

バック表ソフトを使用する選手にとっても、何卓佳選手は参考になる選手ではないでしょうか。

2018年グランドファイナル

準々決勝で石川佳純選手を破り、さらに準決勝で丁寧を破っています。

決勝では残念ながら陳夢に敗れてしまいましたが、いい試合を見せてくれました。

何卓佳選手の使用用具

ラケット スティガ CRW VII

ラケットはスティガのCRW VIIを使用しているようです。クリッパーウッドとローズウッドをかけ合わせたようなラケットです。

粘着ラバーとの相性がよく、打つと金属音がするそうです。

でもこのラケット、今はスティガのカタログに載っていないので、廃盤になってしまったラケットなのかもしれません。

フォア面 DNA ドラゴングリップ MAX

TTF こぞのえスポーツ 楽天市場店
¥5,467 (2024/03/01 03:40時点 | 楽天市場調べ)

DNAシリーズの粘着性テンションラバーで、厚さはMAXのみしかありません。

つぶまる

MAXなんて使ったことないけど、何卓佳選手が使っているなら、試してみたいかも。使いこなせる自信ないけどね。

バック面 バタフライ フェイントソフト

バックの粒高面はバタフライのフェイントソフトで、スポンジ厚は1.5mmです。打てる粒高ラバーです。

1974年から販売されているロングセラー商品で、私の粒高はじめはこのラバーでした。スポンジがあるぶんだけ粒特有の変化は少ないですが、粒高ラバーとしては扱いやすい部類に入ります。

  • 部活がない日でも家で練習をしたい
  • こっそり練習して、みんなと差をつけたい
  • クラブ時間に関係なく、家で練習をしたい

家に卓球台があれば、リビングや車庫が卓球場に早変わり

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次