卓球ラバーの赤と黒では性能に違いがあるの?

現在、卓球のラバーは必ず片面は黒、もう片方は異なる色のラバーを両面(ペンホルダーラケットの場合は裏面にラバーとは異なる色のシートを貼る)に貼らなければならないと、ルールで決まっています。

フォア面に赤を貼る選手もいれば、黒を貼る選手もいます。

どちらでも良いように見えますが、こだわりを持っている選手もいるように見えます。

特に中国選手でフォア面に黒を貼っている選手が多いような気がしない?
それってやっぱり、性能に違いがあるということなのかしら?

つぶまる

何を隠そう私はゴムメーカーに勤務しているのだ。ゴム屋目線でわかりやすく説明してみるよ

この記事を書いた人

卓球が趣味のアラフィフおばさん
公認審判員
とある地方卓球協会の役員

卓球はあまりうまくはないけど用具の研究は好き

女性目線でレビューするよ
目次

ラバーの性質はゴムに混ぜ込む添加剤の配合によって決まる

ラバーの性能は、ゴムだけでなくシートの厚さや粒形状、スポンジの性能によって決まります。

しかしここではそのようなことを無視して、シートを構成するゴムのみに限った話です。

ゴムづくり
ゴムづくり

ゴムは、主原料となる生ゴム(天然ゴムなどのポリマー)に

  • 架橋剤
  • 色素
  • 促進剤
  • 老化防止剤

などを添加してローラーで練り込み、金型に入れて加熱架橋して生産されています。

何をどのぐらいの割合で配合するのかは企業秘密なので、もちろんわかりません。

配合はロットによって微妙に変わってしまいますし、ゴムを架橋反応させるときの微妙な温度の違いによっても性能が変わります。

ラバーの色の違いは色素の違い

ゴムメーカーは、性能に差が出ないように日々努力しています。

黒いラバー

黒いラバーは、おそらくカーボンが使用されていると考えています。

鉄にカーボンを混ぜると鋼という丈夫な金属になるように、ゴムにカーボンを混ぜ込むと、強いゴムになります。

つぶまる

タイヤが黒いのは、カーボンが使われているから

カラーラバー(赤を含む)

黒はカーボンで簡単に色がつけられますが、他の色はそうはいきません。

赤は赤の、青は青の色素を用いますが、使用する色素の種類や配合割合で、性能が変わって違うのが困りもの。

つぶまる

色は違っても、性能の同じものを作るのは難しい。カーボンを使わない黒ゴム作成にチャレンジすることも……。

色の違いでラバーの性能に違いはあるのか

ラバーの色の違いで性能に差はあるのか

メーカーは、基本的に赤も黒も性能は同じと発表しています。

メーカーの検査値としては、ほとんど誤差の範囲内で収まっているのかもしれません。

しかし、実際に使用してみると、赤と黒に性質の違いを感じることがないわけではありません。

差がないと感じるラバーもあれが、はっきりと違いの分かるラバーもあります。

狂飈は、個人的にフォア面を黒にしたほうが打ちやすかった

\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場

一般的に、

日本製やドイツ製のラバーはあまり性能差を感じないけれど、中国製のラバーは違いを感じる

と言われています。

差がある中国製ラバーでも、初心者はほとんど気づかないレベルの差なので、気にする必要はありません。(それ以前に初心者に中国製ラバーはおすすめしない)

卓球の実力により、気づく人もいれば気づかない人もいます。

気にするのは、中級者以上になってからでいいのではないでしょうか。

つぶまる

配合するものが違うのだから、多少なりとも性能に違いが出ちゃうのは当たり前だ~!(ゴム屋の心の叫び)

スピードの赤いラバー

赤のほうがシートが硬く、よく弾み、スピードが出るような感じ。

一枚ラバーは要注意!

カーボンを使用した黒は光を透過しないので問題ありませんが、カラーラバーの場合、色素によっては光を透過してしまい、ラケットの模様が透けて見えてしまうことがあります

ラケットの本体が透けて見えてしまうのは、卓球のルールとしてN.G.です。模様のないラケットならO.K.です。

スピンの黒いラバー

黒のほうが柔らかく、引っかかりやすく、スピンがかかりやすい印象。

つぶまる

中国ラバーの場合、黒のほうが粘着力が強いような気がします。

フォアは赤?それとも黒のイメージ?

一般的に、卓球と言えばフォアは赤、バックは黒のイメージが強いのではないでしょうか。

実際、初心者のラケットはそのパターンが多いです。

中級者以上になるとこだわりが出てくるのか、フォアは黒、バックは赤の選手が増えてきます。

トップ選手の用具使いを真似してフォアを黒にしてみたら、意外といい感じ。それ以来、フォアを黒にしたよ。

好みの問題ですけどね。

カラーラバーの性能

開発歴の長い赤や黒に性能差はあまりありませんが、開発歴の短いカラーラバーは性能差がかなりあるようです。

  • 傷が付きやすい
  • 色がすぐにあせてグレーっぽくなってしまう
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次