卓球クラブやサークルの探し方―初心者から経験者、子どもからシニアまで

子どもが卓球を習いたいって言っているんだけど、卓球ってどこで習えるの?

そんな声はよく聞きます。

それ以外にも、

若い頃卓球をしていたんだけど、また卓球をやりたいんじゃ。どこか卓球をできるところはないかね?

と言う声もあります。

卓球クラブおよびサークルによって目指すものが違いますし、構成年齢や性別割合も全く違います。

楽しく卓球をやるために、できれば自分にあった卓球クラブに行きたいもの。

つぶまる

本記事では、とある地方の卓球協会役員の私が、自分にあった卓球クラブの探し方の例を紹介します。

クラブの探し方は、大きく分けて3つ。以下のようなものがあります。

  1. 地元の卓球協会に問い合わせる
  2. ネット上でクラブ・サークルを探して問い合わせる
  3. 口コミで探す

それぞれの方法について解説していきます。

いずれの方法でも、年齢構成やレベル感をうかがい知るために、地域の卓球大会の結果を調べてみることをおすすめします。

目次

地元の卓球協会に問い合わせる

これが一番確実な方法です。

「地域名」+「卓球協会」で検索すると、地元の卓球協会が表示されます。

基本的に、地元卓球協会の公式サイトには、公平性を図るために卓球クラブ一覧といったものは載っていません

つぶまる

公式サイトを持っているクラブと持っていないクラブがあるし、クラブによりいろいろな事情があるから載せられないらしいよ。

一覧がないとしたら、どうやって探せば良いの?

探す方法はズバリ、

地元の卓球協会に直接問い合わせてください。

「卓球をやりたい」というお問い合わせに対しては、喜んで対応してくれます。

誰でも参加自由のところもあれば、誰かの紹介がないと参加できないようなクラブもあります。

問い合わせるときに伝えてほしいこと

問い合わせるときは、

  • 卓球をする人の年齢(子どもなのか、シニアなのか)
  • 住んでいる地域
  • 卓球レベル(初心者なのか、経験者なのか)
  • 大会に出場して全国を目指したいのか、趣味レベルなのか

を添えていただけると、たいへん返答しやすくなります。

つぶまる

協会からクラブに連絡してくれることもあるから、ひじょうに有効な手段だよ。コネやツテは重要だからね。

卓球をする人の年齢

クラブやサークルによって、対象とする年齢層が変わります。

幼稚園児からシニア層まで幅広い年齢層を受け入れているところもあれば、シニアしか受け付けていないところもあります。

住んでいる地域

できれば家の近くの卓球場に通いたいと考えるもの。

住んでいる地域を伝えると、できるだけ近い場所を紹介してもらいやすくなります。

つぶまる

求めるクラブにもよるから、必ずしも最寄りを紹介するわけではないけどね。

自分の卓球レベル

小学生など、子どもを対象としたクラブであれば初心者から受け付けていることが多いです。しかしそうでない場合、初心者お断りのクラブが多いです。

教えてもらう気満々で初心者お断りのクラブにうっかり行ってしまうと、周囲から嫌な顔をされますし、自分もひじょうに嫌な思いをします。

初心者には、初心者から指導してくれる卓球クラブや卓球教室を案内します

経験者には、もちろんそのレベルに合わせた卓球クラブを紹介します。

大会に出場して全国を目指したいのか、趣味レベルなのか

意外と重要。特に小学生~中学生。

全国大会を目指したい
趣味レベル
  • 専業のプロコーチが指導
  • ほぼ毎日
  • 月謝もそれなり高い
  • 卓球の上手い人が副業で指導
  • 週に1~3回程度
  • 安価
つぶまる

専業プロコーチの卓球クラブでも趣味レベルのコースはあるから、この限りではないよ。

兼業コーチのクラブでも全国大会に出場する選手もいますが、全国大会に出場するような選手たちの多くは、専業プロコーチが経営するクラブの所属です。

県大会出場を目指す程度なら、兼業コーチのクラブでもじゅうぶん狙えます(地域にもよりますが……)

社会人クラブの場合、コーチがいなくても所属メンバーのレベルが高く、お互い切磋琢磨しあえます!

わからないときは都道府県の卓球協会に問い合わせてみよう

地元の卓球協会に問い合わせようにも、公式サイトのない協会も多く、連絡先がわからないことがあります。

そんなときは、1段上の都道府県レベルの卓球協会に問い合わせてみましょう。

各都道府県の卓球協会から、下部組織の地域の卓球協会の担当者に繋げてくれます。

つぶまる

都道府県の卓球協会に問い合わせるときも、条件を伝えておくと話しがスムーズに進みやすくなるよ。

各都道府県の卓球協会は、日本卓球協会に一覧表があります。

あなたの住む都道府県の卓球協会から、探してみてください。

ネット上でクラブ・サークルを探して問い合わせる

最近は公式サイトを所有する卓球クラブやサークルが増えてきました。

そのようなクラブは「地域名」+「卓球クラブ」で検索すると表示されます。

卓球クラブの多くの公式サイトには、クラブメンバーの戦績やコーチ・監督の経歴・実績が載っており、クラブのレベルなどをそれらから推し量ることができます。

つぶまる

練習風景やメンバー写真が載っているから、クラブの雰囲気がなんとなく伝わってくるのが良いね。

公式サイトを持っていても、ITに疎かったり文章を書くのが苦手だったりして、ほとんど更新されていないものが多く見られます。そこは気にしないであげてください。

クラブ入会前に見学させてくれることが多いので、お問い合わせしてみてください。

見学と言いつつ、とりあえず「ラケットを持って打ってみよう」というところが多いので、見学でも運動できる服装で行くことをオススメします。

伺ってみた卓球クラブがたとえ自分に合っていなかったとしても、そこから他のクラブを親切に教えてくれることがあります。

  • 年齢構成
  • レベル
  • 家からの距離
  • などなど

相談してみて損はないですよ。クラブの監督やコーチ同士、選手たちは他のクラブの人たちと結構つながっていますから。

つぶまる

そのときは、ちゃんとお礼を言おうね。

口コミで探す

卓球協会に登録しておらず、公式サイトも持っていない卓球サークルは、口コミに頼るしかありません。

今なら、Twitterなどで呟けば、誰かが教えてくれるかもしれません。

信頼できる人からの口コミであれば、あなたのレベルや目的にあった卓球クラブを紹介してくれるかもしれません。

相手も卓球をやっている人なら、確実でしょう。

ここで注意したいのは、卓球の上手な人が、趣味でやっているだけのところです。

ちょっと上手な人が趣味で初心者に教えることを否定するわけではないですが、ピンキリなので質の保証はできません。

私がみたかわいそうな事例

近所の卓球好きが集まってやっている無料の卓球サークルに、ある日小学5年生の男の子がやってきました。

中学になったら卓球部に入りたいんです。みんなよりちょっとでも優位に立つために、今から卓球をやりたいなと思って来ました。

その男の子は毎週末やってきて、中学進学後も熱心に通っていました。

しかし、ここで男の子が参考にしていた人が

完全我流のフォームで、後ろに下がってロビングでただ粘るだけの人

だったのが問題。

気づいたときには変なフォームがすっかり身についてしまっており、すぐに後ろに下がる癖がついてしまっていました。

台上技術が全然できてない……。ネット際に落とされてすぐに負ける……。よくて市内大会3回戦。

やはり上手になるためには、多少なりともお金を払って、プロとして卓球を教えているところのほうが結果的にお得です。

まとめ

自分に合った卓球クラブの探し方を紹介しました。

それぞれの探し方にメリットとデメリットがあります。

メリットデメリット
卓球協会に問い合わせ自分のレベルや目的にあったクラブを相談できる協会に所属していないサークルはわからない
ネット上で公式サイトを探すクラブの雰囲気がわかる公式サイトを持っているクラブは少ない
口コミで探す自分にあったクラブを紹介してもらえる
協会に所属していないサークルを探せる
紹介する人によって、質の保証はできないことがある

どれか一つに偏るのではなく、広くかけ合わせてあなたに合った卓球クラブなりサークルを探してみてください。

ずいぶん昔の話になりますが、自分の娘を卓球クラブに通わせたとき、

STEP
口コミ

娘の友人が卓球を習っているらしい」という情報を得て

STEP
ネットで検索

そのクラブはどこなのか、実績はどうなのかをネットで調査

STEP
クラブに問い合わせ

見学がそのまま打ってみることに……。そして入会。

という手順でクラブに入れました。お陰様で県大会上位には入れました(それより上は私立強豪なのでほぼ無理)。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる